ZKW社、次世代ヘッドライトの開発にrFproを活用

ドライビングシミュレーション

Tier1サプライヤーは、公道での開発型ヘッドライトの実車テストを50%以上削減することを目指しています。

新しいアプローチにより、テストと開発のコストを数百万ユーロ削減できる可能性があります。

試作車が存在する前に、ハードウェア設計と制御ソフトウェアを進歩させる。

プレミアム照明システムサプライヤーであるZKW社は、現在、すべてのヘッドライト製品の開発にrFproシミュレーションソフトウェアを使用しています。rFproは、ダイナミックヘッドライト開発のための、業界で最も高度で没入感のあるシミュレーションソリューションです。

ZKW 社のエレクトロニクス・エンジニアリング・プレ&モジュール開発マネージャーの Matthäus Artmann 氏は、 「ヘッドライトはより複雑になってきていますが、OEM はリードタイムの短縮を求めており、rFpro はこれを実現することができます」と述べています。「新しいヘッドライトの開発には、数百万ユーロと最大18カ月を要することがあり、ドライバーは公道でのテストに数カ月を費やしています。rFproを使用することで、実走行テストに必要な時間を50%以上短縮することを目指しています。"

ダイナミックなリアルタイムのヘッドライトシミュレーションにより、コストがかかり、夜間に行われ、エンジニアや他の道路利用者にとって危険な公道でのテストの必要性を減らすことができます。シミュレーション主導のアプローチにより、エンジニアは数多くの照明プロファイルを迅速に評価し、光の形状、方向、強度を最適化することができます。

rFpro の自動車セールス・マネージャーである Josh Wreford は、「ヘッドライト技術は急速に進歩しており、その結果、開発・検証プロセスはより複雑になっています」と述べています。「当社の高精度なダイナミックシミュレーションソフトウェアは、試作車が存在する前にハードウェア設計と制御戦略の両方を最適化することができます。これにより、ヘッドライトの開発にかかる時間とコストを大幅に削減することができます。"

rFpro の高忠実度路面モデリング、Terrain Server、および業界標準の IES と RGB プロファイルで定義された照明の組み合わせにより、他に類を見ないほど正確な仮想環境を構築します。車両のピッチ、ロール、ヨーの動的な動きにより、ヘッドライトの出力を忠実に表現します。

「rFproのビークルダイナミクスグレードの路面、物理的に正確なデジタルツイン、非常に詳細なライトモデリングは、市場で最も高度なシミュレーションソフトウェアです」とWrefordは続けます。「ティア1サプライヤーは、自動車メーカーのプロトタイプへのアクセスは制限されていますが、仮想車両モデルには24時間いつでもアクセスできるため、このレベルは重要です。

スマートヘッドライトは、従来のヘッドライトよりも複雑で、ADASなどの車両システムとの統合が必要です。rFproでは、前方の道路を見る車両センサーをモデル化し、その入力をスマートヘッドライト制御システムに供給することができます。つまり、最初の物理的なプロトタイプを製作する前に、システムの全フィードバックサイクルを仮想的にシミュレーションし、開発し、検証することができるのです。

ヘッドライトやその他の人工照明のシミュレーションは、ADAS や自律走行車の技術開発において非常に重要です。rFproのシミュレーションは視覚的に詳細かつ物理的に正確であり、エンジニアはヘッドライトが作り出す生の光量とカラーバンドを分析することができます。

この記事を共有する

// Related News