オートモーティブ

rFpro は、自動車開発において最も正確なエンジニアリンググレードのシミュレーション環境を提供します。これにより、エンジニアはテストを迅速に拡大することができ、設計変更のリスクを低減し、開発プロセスの早い段階で主観的なフィードバックを導入することができます。

rFproは、実際の公道、OEM/Tier1試験施設、プルービング・グラウンドの高解像度デジタルツインを提供し、路面の精度は1cmになります。 この精度は高い相関性をもたらし、rFproによる仮想テストと検証を非常に価値のあるものにしています。

エンジニアやテストドライバーは、rFproを使用して、次のようなさまざまなアプリケーションに対応しています。

  • ビークルダイナミクス開発・試験
  • タイヤのモデリングとテスト
  • ヘッドライトの開発・評価
  • ヒューマンファクタースタディの実施

// REVOLUTIONISING THE VEHICLE DEVELOPMENT PROCESS

公道

おっかけ

rFpro では、ワークステーション、静的シミュレータ、または動的シミュレータを使用して、エンジニアが効率的にソリューションを開発およびテストできます。また、rFpro では、車両がまだモデルベースである間にテストドライバーが設計プロセスに入ることができます。これは、テストと検証のプロセスから生じる変更の多くが、エンジニアリング・サイクルの早い段階で行われ、大幅なコスト削減を実現することを意味します。rFpro で仮想的に車両とそのシステムをテストすることで、自動テストでは明らかにならないような問題を、人間のテストドライバーによって特定することができます。場合によっては、試験施設にチームを派遣する費用と施設の使用料を合わせて、rFpro システムで初めて問題が特定され、修正されたときに、その費用を回収することができます。

制御システムのテスト

rFproは、シャーシ、パワートレイン、ドライブライン、スマートヘッドライト、ADAS機能などの車両制御システムの仮想テストと適合を、エンジニアリングプロセスの非常に早い段階で可能にします。rFproは、車両力学テストのための極限性能状況、およびADAS衝突回避テストや夜間ヘッドライトテストなどのその他の危険なテスト状況において、安全で再現可能かつ制御された条件で、高価な試作車を使わずにはるかに多くのテストを行うことを可能にします。

パワートレイン・システムの最適化

パワートレイン試験・開発の大手企業であるAVL社は、rFproの使用によりパワートレイン・プロジェクトの初期費用を30%削減できたと見積もっています。

rFproは、パワートレインとエンジン制御システムのテストとキャリブレーションにHILパワートレイン・ ダイナモメーターと共に使用され、時間とコストを削減します。ICE、ハイブリッド、完全電気自動車を含むすべてのパワートレイン・タイプの開発とテストがrFproで可能です。

電気駆動系における展開から回生への移行を、rFpro で正確に再現し評価することができます。これにより、モデルベースのエンジニアリングの段階でありながら、人間のドライバーによるパワートレイン戦略の開発およびテストが可能になります。段差、傾斜、キャンバーなどの路面を忠実に再現し、rFproの 地形サーバ.これにより、縦方向のコンプライアンス、トラクションコントロール、トルクベクタリング、その他のドライブトレインおよびエンジン制御システムを、制御された再現可能な条件下で、低コストで迅速にキャリブレーションおよびテストすることが可能になります。

物理的なプロトタイプに先立ち、シャーシをドライブする

rFpro は、物理的な設計に着手する前に、パッシブおよびアクティブなシャーシとステアリング・システムのテストに使用することができます。開発プロセスの早い段階でプロのテストドライバーを導入し、重要な主観データを提供することで、設計の決定やプラットフォームアーキテクチャを徹底的に分析することが可能です。

デジタルモデル デジタルモデルのセクションでは、世界で最も象徴的な場所や実験場の精度の高いモデルのセレクションをご覧いただけます。