地形サーバー

// HIGHLY DETAILED ROAD SURFACE MODEL

rFpro の TERRAIN SERVER は、高精細な路面モデルです。水平方向1cm、垂直方向1mmの精度で、詳細なタイヤ接地面モデルを提供し、車両ダイナミクスの正確なシミュレーションを可能にします。

リアルタイムDIL(Driver-in-the-Loop)シミュレータと標準的なPCハードウェアを使用したオフラインシミュレーションの両方に対応するように設計されています。高帯域幅のクリーンなLiDARでスキャンされた雲点データをリアルタイムに、最大5kHzでモデルへ供給することができます。

ポイントベースのサンプリング手法では見逃しがちな詳細な路面情報を、低遅延で取得することができます。その結果、「リアルワールド」テストで使用される実際の路面との非常に高い相関性を実現しています。

TERRAIN SERVERは、路面の粗さプロファイルを変化させるオプションも提供しています。例えば、エンジニアは道路モデルに完全に次元制御された石畳の道路を追加することができます。車両モデルへの高周波入力は、最大100Hzまで制御可能です。

マキティー

周波数制御 - 表面タイプ別

路面の種類ごとに周波数制御を行うことで、非常に高いレベルの路面再現性を実現しました。主要な走行路面ではよりタイトな周波数制御を、他の走行路面ではより高い周波数での入力を可能にするような切り替えが可能です。

モデリングオプション

加重マルチサンプリング

  • 古典的なユーザー定義の多点2次元接触パッチ形状で、各点に重み付けができる。
  • 以下の高忠実度体積測定法と同様に、単一の高さと法線ベクトルを計算し、市販または自社で管理するPacejka - Magic Formulaベースのタイヤモデルで使用することができます。

体積インタラクション

  • タイヤが円筒状になるように、位置、向き、半径、幅が設定されています。
  • TERRAIN SERVER HDは、円筒内に沈んだすべての点を統合し、円筒内に沈んだすべての点のコンタクトパッチの中心位置と平均化された法線を返します。

エンベロープモデル

  • 各タイヤの位置、向き、半径、幅をモデルで表現し、空間位置を定義します。
  • TERRAIN SERVER HDは、タイヤの下にあるすべての地表面ポイントを、あなた自身のエンベロープモデルで処理するために送り返します。

多板式、ラジアルスポーク

  • タイヤは、タイヤ幅方向に放射状のスポークが何本も連なっているディスクとしてモデル化されていますね。
  • TERRAIN SERVER HDは、各スポークが接触する際の長さと速度を計算し、あなたに返します。