ソフトウェアインテグレーション

// Integration with the industry’s leading software providers

rFpro は見た目に美しいだけでなく、さまざまなソフトウェアと効果的かつ効率的に連動します。世界をリードするシミュレーションには、業界最高のコンポーネント同士の統合が必要であり、rFpro は 2007 年以来この理念を取り入れてきました。ドライビング・シミュレーションの主要コンポーネントについて、エンジニアが独自の選択と開発を行えるよう、利用可能なインターフェースとプラグインを幅広く取り揃えています。C++ API、弊社のMATLAB/Simulink Toolbox、最も一般的な業界ソフトウェア用の既製プラグイン、その他多数のサードパーティ製ソフトウェアおよびハードウェアの統合により、rFproは常にエンドユーザの手に仕事に適したツールを選択する力を保証しています。また、当社のテクニカル・インテグレータ・パートナーは、お客様にターンキー・ソリューションを提供することができます。

コンテンツクリエーション

車種別

rFpro のユーザーには、すぐに使えるシミュレーション・ツールを求めるユーザーと、より深いレベルでシミュレーションを制御したいユーザーの 2 つのタイプがあります。弊社では、その両方に対応するオプションを提供しています。IPG CarMaker や Mechanical Simulations CarSim を迅速かつ簡単に接続する必要がある場合、rFpro には数回のクリックで接続できるプラグインが用意されています。オフィスやデスクトップでの簡単な設定から始まり、完全なリアルタイム実行プラットフォームでの接続まで可能です。MATLAB/Simulinkで独自のモデルや制御ログインを開発したい場合は、当社の大人気で定評のある包括的なMatlab Toolboxの詳細について、以下を参照してください。

また、C++ APIにより、ユーザーは独自のモデルをrFproに接続し、rFproのソフトリアルタイム環境内でホストされたプラグインとして実行したり、リアルタイム実行ハードウェアでホストされたリモートで実行したりすることができます。

また、SIMPACK、Dymola、Modellicaモデルへの接続を内蔵した多数のサードパーティ製ソフトウェア統合(多くは当社の統合パートナーであるClaytex経由)、vTagとPTWinSim用のプラグイン(当社パートナーのPodium Technologiesが開発)も利用可能です。

rFpro が提供する柔軟性の利点により、OEM や Tier1 のお客様は、車両モデリングに異なるソリューションを使用している場合でも、社内の複数のチームや部署で rFpro を最大限に活用できるため、投資に完全な信頼を置くことができます。

トラフィックソリューション

車両の運転は、車両とその下の道路との関係だけでなく、他の車両、歩行者、自転車、動物、さらには交通規制(信号や標識)との相互作用も重要です。rFpro は、シミュレーション内ですぐに使用できるこれらのオブジェクトの幅広いコンテンツ・ライブラリを提供します。しかし、これらのオブジェクトを制御し、目的のテストシナリオを作成する必要があります。

主要な車両モデルと同様に、rFpro の柔軟な API とプラグイン・アーキテクチャは、幅広い交通制御オプションを可能にし、ユーザが意図するユースケースに適したシステムやモデルを選択できるようにします。rFpro は、SUMO や CarMaker、VTD などの非常に強力なソリューションに接続し、没入感の高い rFpro デジタルワールド内で複雑な公道交通シナリオのシミュレーションができるようにします。

また、モータースポーツ・ドライバーをテスト中に鋭敏にさせるためにさまざまな対戦相手が必要な場合、rFpro 独自の AI ドライバー・モデルは、ユーザーが選択できる大量の車両モデル・タイプを同時にコースに追加することができます。これにより、マルチクラスの24時間レース準備のための強力なシミュレーションと没入感が生まれます。

Matlab Simulink

rFproはMATLAB Connectionsパートナーです。MATLAB/Simulink Toolboxは機能が豊富で、最も複雑な車両モデルと制御システムをrFproと統合するのに役立ちます。モデルは、リモート・モデル(MATLAB自体で実行、またはコンパイルしてリアルタイム・ハードウェアで実行)として、またはrFpro内のホスト・モデルとして実行できるようにコンパイルすることができます。これは車両やシャーシレベルのモデルに限ったことではありません。rFpro は、センサモデルを rFpro 内で構築、コンパイル、実行し、rFpro SENSOR_IG 機能のすべてに直接アクセスできるブロックセットも提供しています。

センサーインテグレーション

自動車をコントロールするのは、もはや私たち人間だけではありません。現在では、先進運転支援システム(ADAS)機能や自律走行機能を提供するさまざまなセンサーと制御システムが存在します。そこで、rFpro は、新世代のあらゆる種類の高度なセンサーが、非常に詳細な仮想世界をも「見る」ことができるようにするため、SENSOR_IG システムを開発しました。
センサーは、当社のC++ API、MATLAB/Simulinkツールボックスを使用して構築することができ、また、多くの高度な技術パートナーによって、構築済みのものを直接使用することができます。