レンダリング

// Highly optimised rendering engines

rFpro は、ドライビング・シミュレーションのために特別に開発された、高度に最適化された独自のレンダリング・エンジンを中心に構築されたシミュレーション・プラットフォームです。高性能なレンダリングエンジンは、非常に柔軟なエンジニアリングシミュレーションやインターフェース(詳細はソフトウェア統合のセクションを参照)と共にrFproに組み込まれており、お客様にユニークな製品を提供します。

rFpro は、映画のような効果を加えるのではなく、エンジニアリングの正確さと物理的なモデリングに重点を置いており、プロフェッショナルなドライビング・シミュレーション・ソリューションの提供におけるマーケット・リーダーとなっています。

コンテンツクリエーション

リアルタイムレンダリング

私たちは、ヒューマンビジョンとマシンビジョンの両方において、最高のリアルタイムのグラフィックの詳細と品質を提供します。これにより、人間や自律走行ドライバーの没入感を高め、グラフィックのレイテンシーを最低限に抑えることができます。最高のフレームレートを実現し、同時に最も詳細な画像出力を作成することで、ドライバーインザループ・シミュレータやハードウェアインザループ・センサ・シミュレーションの第一候補となる製品であることを意味します。

同期シミュレーション

すべてがリアルタイムである必要はありません。特に、最も忠実な合成トレーニング・データを作成したい場合はそうです。ボタンをクリックするだけで、rFproは業界をリードするリアルタイム・シミュレーションから完全な同期モードに移行します。これは、最先端の運転支援システム(ADAS)や自律走行機能の開発に最適です。各モデル・パーツの実行速度にかかわらず、シミュレーション内の各センサーは完全に同期した状態を維持します。また、完全に整列したマルチセンサーシステムが、シミュレーション実行の各ステップで完全なデータセットを生成することを保証します。

rFpro Syncho-Stepモードでは、最も忠実度の高いセンサモデルを実行することも可能です。リアルタイム実行の束縛から解放され、最高品質のトレーニングおよびテスト・データの作成が可能になり、最も時間とコストの効率的な方法で自律走行車の開発を加速させることができます。

次のセクション 地形サーバー